おすすめのコラーゲンドリンク紹介!あなたに合った商品はどれ?

顔のたるみが気になってきた今日この頃…。

お肌のハリや弾力を取り戻すために、これからコラーゲンドリンクを飲んでみようかな?と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、インターネットで『コラーゲンドリンク』と検索しただけでも、優に50種類以上の商品がヒットします。

その中から一体どんなコラーゲンドリンクを選べばいいのか、迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回は、あなたに合ったコラーゲンドリンクの選び方を解説するとともに、実力派のおすすめ商品をご紹介致しましょう。

 

何を優先する?コラーゲンドリンク選びの基準

紫外線を浴びたり、肌が乾燥したりしても、繊維芽細胞が働いているうちはコラーゲンがちゃんとつくられます。

しかし、たるみやほうれい線を改善していきたいのであれば、体で作られるコラーゲンだけで何とかするのは無理です。

これからコラーゲンドリンクを選ぶみなさんに、意識してもらいたいことが以下の3つの条件。

  • どんな美容成分が配合されているのか見極めて選ぶ
  • コラーゲンは量ではなく質で選ぶ
  • 続けられるコラーゲンドリンクを選ぶ

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

コラーゲンドリンクは配合されている美容成分が効果のカギを握る

コラーゲンドリンクを選ぶうえで一番注目したいのはコラーゲンの含有量と思われがちですが、実はコラーゲン以外に配合されている美容成分こそ注目しておきたいポイントです。

意外に思う方もいるかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があります。

コラーゲンドリンクに含まれているコラーゲンは、体内に取り込まれると一度消化酵素によってアミノ酸などに分解されます。

その後、酵素の働きによって再びアミノ酸がつくられるわけですが、このときに必要なのがコラーゲンの生成をサポートする美容成分なんですね。

では、コラーゲンの生成に欠かせない美容成分はどんなものがあるのでしょうか?

成分

役割

ビタミンC アミノ酸などを合成してコラーゲンを生成する際、最後の仕上げをサポート

繊維芽細胞のコラーゲン産生量を促進

オルニチン・アルギニン 新陳代謝をアップ(コラーゲンは古くなると再びアミノ酸に分解されて新しくつくられるため、新陳代謝の促進が必要)
葉酸 造血作用(コラーゲンに必要な栄養素を運びやすくする)

細胞の再生促進(繊維芽細胞に働きかける)

GABA 繊維芽細胞の増殖・活性化
パンテトン酸 ビタミンCのコラーゲン生成をサポート
グルコサミン 細胞の炎症を抑える
乳酸菌粉末 コラーゲンの吸収をサポート

コラーゲンやヒアルロン酸の産生を手助け

リジン コラーゲンの生成に必要な必須アミノ酸
シトルリン コラーゲンの生成に欠かせないリジンやプロリン、

上記の成分はコラーゲンの育成に効果的な成分ですが、その他の美容成分にも注目してみると、さらに美肌効果を期待できるかもしれません。

当サイトの各コラーゲンドリンクを紹介している記事にも、コラーゲンの育成をサポートする成分とその他の美容成分を載せています。

気になる商品が既にある方は、そちらの記事も是非参考にしていただければ幸いです。

コラーゲンは量よりも質が重要!

美容成分の次に重視したいのが”コラーゲンの質”です。

前述の通り、コラーゲンは体内に吸収されると、本来アミノ酸に分解されてしまうのですが、近年の研究によると、コラーゲンの一部はそのまま血液に吸収され、皮膚や骨のコラーゲンをつくる細胞を刺激することが明らかになっています。

ただ、分子が大きいコラーゲンはなかなか吸収されづらいので、なるべくサイズの小さいもの、低分子化されたコラーゲンが配合されているものを選びましょう。

おすすめは「コラーゲンペプチド」「低分子コラーゲン」「加水分解コラーゲン」と記載されたものです。

低分子化されたコラーゲンドリンクの中から、よりコラーゲンにこだわりたい方は、各メーカーが独自で開発しているコラーゲンに注目してみると良いでしょう。

コラーゲンドリンクは続けられないと意味がない!?

いくら美容成分や質の良いコラーゲンが配合されているコラーゲンドリンクでも、たった1回飲んだだけで顔のたるみが改善されるわけではありません。

2011年に行われた美容皮膚科の学会でも、「コラーゲンドリンクは継続的な飲用で美容効果を発揮する」ことが明らかになっています。

ですからコラーゲンドリンクを選ぶ際は、配合されている成分だけではなく、自分が続けられる価格や味などで選ぶことも大事です。

【選び方別】おすすめコラーゲンドリンク3選

では、前項でご紹介した選び方別で、おすすめのコラーゲンドリンクをご紹介したいと思います。

美容成分で選ぶおすすめコラーゲンドリンク3選

まずはコラーゲン育成サポート成分や、美容と健康に効果的な成分がたっぷり配合されたコラーゲンドリンクを3つご紹介しましょう。

リフタージュPG-EX(サントリー)

 
内容量 50ml
価格(税抜) 4,000円(10本入り)
コラーゲン含有量 5,000mg
注目成分 ビタミンC、プロテオグリカン、米由来セラミド、ヒハツエキス、亜麻リグナン、桜の花エキス、ハスカップエキスなど

サントリーが発売しているリフタージュPG-EXは、コラーゲンの育成だけではなく、脂肪燃焼やホルモンバランスの正常化など、女性に嬉しい美容成分がたっぷり。

コラーゲンの補給と心身のケアが一緒にできるため、更年期を迎えるアラフォー・アラフィフ世代の女性には特におすすめです。

ヴァイトロジー プレミアムリッチ コラーゲンEX(サンスター)

 
内容量 50ml
価格(税抜) 6,000円(10本入り)
コラーゲン含有量 5,000mg
注目成分 ビタミンC、社仲葉エキス、高麗人参、オルニチン、アラニン、パンテトン酸など

少しお値段が高めなサンスターのヴァイトロジー プレミアムリッチ コラーゲンEXは、コラーゲンドリンクでありながら健康面もサポートしてくれる、まるで栄養ドリンクのような商品です。

たるみやシワを改善しながら体の機能性も高めていきたい方におすすめですが、高血圧の方や体質が不安な方は一度専門医に相談してみると良いでしょう。

フラコラ フラワージュ プレミアム(協和)

 
内容量 50ml
価格(税抜) 6,000円(10本)
コラーゲン含有量 120mg
注目成分 ビタミンC、葉酸、パンテトン酸Ca、月桃葉エキス、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなど

コラーゲン生成に働きかける成分や、肌の保湿・保水に欠かせない成分がギュッとつまった協和のフラコラ フラワージュ プレミアム。

こちらもお値段はお高めですが、ここぞというイベントに備えて飲むにはぴったり!また、肌の乾燥にお悩みの方にもおすすめです。

コラーゲンで選ぶおすすめコラーゲンドリンク3選

次に、各メーカーが研究に研究を重ねて開発した独自コラーゲンが配合されている商品を見ていきましょう。

アスタリフトドリンク ピュアコラーゲン10000(富士フィルム)

内容量 30ml
価格(税抜) 3,239円(10本入り)
コラーゲン含有量 10,000mg
配合コラーゲン 低分子化ピュアコラーゲン

富士フィルムのアスタリフトドリンク ピュアコラーゲン10000は、その名の通り、高純度のコラーゲンを使ったコラーゲンドリンク。

配合しているコラーゲンは、低温製法でじっくり時間をかけて抽出しているため、劣化が少なく、かなり高品質です!

たるみやほうれい線への効果を早めに実感したい方におすすめ。

HTCコラーゲンDX ドリンク テンスアップ(ファンケル)

 
内容量 50ml
価格(税抜) 2,286円(10本入り)
コラーゲン含有量 2,600mg
配合コラーゲン HTCコラーゲン

一般的な低分子コラーゲンに比べて、体内のコラーゲンを増やす効果が期待されるファンケル独自のHTCコラーゲンを配合した、HTCコラーゲンDX ドリンク テンスアップ。

紫外線から肌を守るリンゴポリフェノールも一緒に配合し、「生み出す力」と「守る力」でコラーゲンのサポートをします。

普段外出する機会が多い方や、紫外線対策を徹底的に行いたい方におすすめです。

コラーゲンビューティー12000EX

 
内容量 50ml
価格(税抜) 3,239円(10本入り)
コラーゲン含有量 12,000mg
配合コラーゲン 効率型コラーゲン

保湿型コラーゲン(DHC独自コラーゲン)

DHCのコラーゲンビューティー12000EXは、合成力の高い【効率型コラーゲン】と、ヒアルロン酸(保湿成分)の合成にアプローチ&細胞の活性化させる【保湿型コラーゲン】をWで配合。

また、20種類の美容成分配合がコラーゲンの育成や美容ケアを全力サポート!

最近たるみが気になってきた方や、早めのエイジングケアをしたい方におすすめです。

継続して飲みやすいコラーゲンドリンクおすすめ3選

前項でお話しした通り、コラーゲンドリンクは継続して摂取していくことが重要です。

美容成分やコラーゲンにあまりこだわりがない人や、はじめてコラーゲンドリンクを飲む方は、価格や味、購入場所などでコラーゲンドリンクを選んでみるといいと思います。

価格で選ぶおすすめコラーゲンドリンク3選

あまり美容にお金をかけたくない方、なるべく低コストで抑えたい方におすすめのコラーゲンドリンクは以下のもの。

商品名 メーカー名 価格(1本あたり)
おいしいコラーゲン 森永製菓 約200円(24本入りで4,860円)
ビタミンレモン コラーゲン&ヒアルロン酸 ハウスウェルネス 89円~

(販売店舗による)

コラーゲン+プラセンタ&セラミド ヘルスサポートHTS 1,000円~

(販売サイトによる)

価格の安いコラーゲンドリンクは、配合しているコラーゲンが大きかったり、美容成分の配合量が少なかったりするものが多いので、即効性はあまり期待しない方が良いでしょう。

効果の高さを求めるのであれば、前項でご紹介したコラーゲンドリンクの定期購入がとてもお得ですよ♪

味で選ぶおすすめコラーゲンドリンク3選

コラーゲンドリンクはコラーゲン独特の味やにおいがするものが多く、それが原因で続けられない…という方も結構いらっしゃるようです。

そんな方におすすめしたいコラーゲンドリンクは以下の商品。

商品名 メーカー どんな味?
うるおうコラーゲン 明治 コラーゲンが本当に入っているのか疑いたくなるぐらいのおいしさです。ヤクルトやピルクルのような、乳酸菌飲料独特の味がします。
ハニーコラーゲン HACCI 1912 とろみのあるパイン味で、冷やすとおいしく飲めます。また、炭酸で割るとスッキリとした爽やかな味になります。
おいしいコラーゲン 森永製菓 ピーチ味とレモン味があり、人気が高いピーチ味は甘党の方におすすめ。少しだけ人工甘味料っぽい味がしますが、コラーゲン臭はあまり感じません。

上記の味に関しては、あくまで私や私の家族が飲んでみての感想です。

自分で実際に味を確かめたいという方は、各メーカーが販売しているトライアルセットなど、お試し価格で販売しているモノを試してみるといいでしょう。

購入場所で選ぶおすすめコラーゲンドリンク3選

コラーゲンドリンクのほとんどは、通販限定の商品や、公式ショップで販売している商品ばかり。

もっと手軽にコラーゲンドリンクを飲みたい、必要なときにすぐ手に入れたいという方は、比較的どこでも購入することができるコラーゲンドリンクを選びましょう。

以下のコラーゲンドリンクは薬局(ドラッグストア)・コンビニ・スーパー、そしてインターネットで購入が可能な商品です。

商品名 メーカー 価格(販売店舗による)
ザ・コラーゲン 資生堂 1本あたり250円前後
ビタミンレモン コラーゲン&ヒアルロン酸 ハウスウェルネス 1本あたり150円前後
チョコラBBリッチセラミド エーザイ 1本あたり250円前後

はじめてコラーゲンドリンクを飲む方は、まず市販品のコラーゲンドリンクでトライしてみるといいかもしれませんね。

コラーゲンドリンクの効果を高めるために

飲んでみたいコラーゲンドリンクは決まりましたか?

では最後に、コラーゲンドリンクの効果的な飲み方と、コラーゲンを減少させないための予防方法をご紹介しましょう。

コラーゲンドリンクの効果的な飲み方

何度も言うように、コラーゲンドリンクは毎日摂取してこそ効果を発揮するものです。

しかし、「金銭的に毎日続けていくのは無理」「生活リズムが不規則で、毎日コラーゲンドリンクを飲む時間がバラバラ…」という方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

毎日の摂取が難しい人は特別なイベント前に集中ケアしよう

コラーゲンドリンクを毎日飲み続けるのがきつい方は、大事なイベントの1週間~10日前に摂取し始めることをおすすめします。

また、続けたい方は2~3日に1本コラーゲンドリンクを摂取しましょう。

コラーゲンドリンクを飲む時間は決めなくてもOK

忙しく、毎日決まった時間にコラーゲンドリンクが飲めないというあなた!大丈夫、コラーゲンドリンクは飲む時間を決めなくても、継続的に飲むことさえできれば、キチンと効果を発揮してくれます。

ただ、できれば就寝1時間前か、起床してすぐに摂取することをおすすめします。

[box class=”blue_box” title=”【就寝1時間前におすすめする理由】”]テキスト睡眠中は血中濃度を高め、新しいコラーゲンがつくられやすいため。[/box] [box class=”blue_box” title=”【起床してすぐにおすすめする理由】”]テキスト体のエネルギーや水分量が少なく、コラーゲンを吸収しやすいため。[/box]

自分のライフスタイルに合わせて、コラーゲンドリンクを摂取しましょう。

コラーゲンを減少させないための予防策

コラーゲンドリンクで体内のコラーゲンを生み出す一方、これ以上外部の刺激などでコラーゲンを減らさないように心がけましょう。

加齢によるコラーゲンの減少はどうしても防ぐことができませんが、紫外線や活性酸素によるコラーゲンの減少・変性は努力次第で抑えることができますよ。

紫外線のダメージを徹底ブロック

最もコラーゲンの減少・変性予防に効果的なのは、何といっても紫外線予防でしょう。

肌の真皮にダメージを与えるUV-A波は、雲やガラスも通り抜ける性質を持っているため、曇りの日や室内にいるときも注意が必要です。

日焼け止めや日傘、サングラスなどで、光老化からお肌を守りましょう。

活性酸素を減らす・除去する食生活を

紫外線の次に気をつけたいのが活性酸素の増加です。とは言っても、活性酸素はちょっとしたことですぐに増えるので、それを予防するのはかなり難しいと言いますか、ほぼ無理と思ってよいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、活性酸素を減らす・除去する食べ物を摂取することです。活性酸素の予防をするよりも改善に力を入れたほうが効率が段違いで良いですよ。

以下の栄養素は活性酸素を分解したり、除去したりする効果を持っています。

成分

含ている食

ビタミンA 人参、かぼちゃ、ほうれん草など
ビタミンE たまご、アーモンド、うなぎなど
ビタミンC レモン、アセロラ、緑茶など

この中で特に摂取していきたい栄養素が、コラーゲンと相性抜群のビタミンCです。

ただし、ビタミンCの過剰摂取は紫外線の影響を受けやすくなる、下痢や吐気を起こしやすくなるなどの副作用が出る場合もあります。

意識して摂取するのはいいことですが、過度の摂取は控えましょう。

肌のバリア機能を高めるスキンケアを行う

お肌のハリや弾力を司る真皮になるべく負担をかけないために、真皮層の上にある表皮層のケアにも気を配りましょう。

高保湿成分配合のエイジングケア用品でしっかりとスキンケアを行い、なるべく肌に刺激や摩擦を与えないようにすることが必要です。

また、最近ではコラーゲンの生成に働きかける成分が配合された化粧品も開発されているので、そちらも是非使ってみることをおすすめします。

まとめ

お肌のたるみケアに有効なコラーゲンドリンク。しかし、種類豊富なコラーゲンドリンクの中から、自分に合った商品を見つけるのってなかなか大変ですよね。

そんなときは、自分が何を優先したいか(成分・価格・味など)を決めて、それに合わせて商品を選びましょう。

種類が多すぎるため、今回は一部のコラーゲンドリンクしか紹介できませんでしたが、当サイトでは現在20種類以上のコラーゲンドリンクをご紹介しております。

気になる商品についてもっと詳しく知りたい方は、各商品の紹介ページを是非参考になさってくださいね。