おすすめコラーゲンアイテム3選!使ってよかったと感じたコラーゲン配合アイテムは?

おすすめ コラーゲン

美容成分として人気の高いコラーゲン。

近年、コラーゲンを配合したドリンクやパウダーなどの健康食品は、エイジングに悩む大人女性たちの必須アイテムになりつつあります。

そこで今回は、エイジングに悩む大人女性たちが“使ってよかった”と感じたコラーゲンアイテムを厳選してご紹介したいと思います。

どうして?コラーゲンが大人女性に必要な理由

エイジングに悩む大人女性たちの強い味方、コラーゲンアイテム。

でも、一体なぜ、コラーゲンアイテムが大人女性たちの必須アイテムになりつつあるのでしょうか。

そもそもコラーゲンにはどんな役割があるの?

コラーゲンは私たちの体を構成するタンパク質のひとつです。

コラーゲンの役割

  • 肌にハリや弾力を与える
  • 関節をスムーズに動かす
  • しなやかで丈夫な骨をつくる
  • 血管を丈夫にし、動脈硬化を防ぐ など

若い頃にシワやたるみ、関節痛などがほとんどないのは、コラーゲンのおかげといっても過言ではありません。

コラーゲンは年をとると減る!?

ハリや弾力のある肌、しなやかな骨や関節を保つために必要不可欠なコラーゲン。

しかし、コラーゲンは20代に入ると、加齢とともに少しずつ減少していきます。

恐ろしいことに、50代を過ぎたことには、何と20代の頃の約半分にまでコラーゲンが減ってしまうとまで言われているんですよ。

コラーゲンは加齢以外でも減少する

体内のコラーゲンが減ってしまう原因は加齢のせいだけではありません。紫外線や乾燥、喫煙などが原因で発生する活性酸素も、体内のコラーゲンを減少させる要因と言われています。  

コラーゲンの減少をストップさせるためには

コラーゲンは、年を重ねるたびにスピードを上げて減少していきます。そのため、減少を食い止めるには早めの対処が必要になるわけですが、一体どうやったらコラーゲンの減少をストップさせることができるのでしょうか。

答えは簡単。コラーゲンを体の外から補えばいいのです。

しかし、体の外から補うといっても、料理やお菓子からだと効率良くコラーゲンは摂取できません。そこで私たちの強い味方となってくれるのが、コラーゲンを効率よく摂取できる、コラーゲン配合の健康食品というわけです。

そして近年、コラーゲンアイテムは飲みやすさや成分にこだわって開発された実力のある商品が増えてきました。ここ最近、エイジングに悩む大人女性たちからの支持を集めているのは、このような理由があるからと言えますね。

みんなが“使ってよかった”と感じたコラーゲンサプリ3選

現在販売されているコラーゲン配合の健康食品は、大きくわけて4種類。

  • ドリンクタイプ
  • パウダー(粉末)タイプ
  • タブレット(錠剤)タイプ
  • ゼリータイプ

それぞれメリット・デメリットがありますが(後述で紹介)、まずは各タイプでどんな商品が人気を集めているのか見ていくことにしましょう。

ドリンクタイプ

<メリット>

  • コラーゲンの含有量が多い
  • 手軽に摂取できる
  • すぐに実感を得られやすい
  • 味を選べる
<デメリット>

  • 価格が高いものが多い
  • ゴミ捨てが大変なものが多い

コラーゲンアイテムの中でも一番ポピュラーなコラーゲンドリンク。

コラーゲンの含有量が多いことに加え、美容成分が配合されているものが多いので、実感を得やすいという点が人気です。ただ、品質維持のために瓶に入れられているものが多いので、ゴミ処理などは少し面倒かもしれませんね。

【ドリンクタイプ】人気コラーゲンアイテム3選

商品名

リフタージュPG-EX

アスタリフトドリンク ピュアコラーゲン10000

おいしいコラーゲン

メーカー サントリー 富士フィルム 森永製菓
内容量 50ml 30ml 125ml
価格(税抜) 1箱(10本)4,000円 1箱(10本)3,610円 1箱(24本)4,500円
コラーゲン含有量 コラーゲンペプチド 低分子ピュアコラーゲン 低分子コラーゲン
5,000mg 10,000mg 10,000mg
その他の美容成分 プロテオグリカン・ビタミンC・ヒハツエキス・亜麻リグナン・桜の花エキス・セラミド・ハスカップ ビタミンC・オルニチン・米由来セラミド ビタミンC・セラミド・ビタミンD・りんご酸・クエン酸
おすすめしたい人
  • 実感できるコラーゲンを探している
  • コラーゲンの味やニオイが苦手…
  • コラーゲンを摂取することで女性らしさを維持したい

 

  • 質の高いコラーゲンを摂取したい
  • 体の代謝をアップさせたい
  • 少ない量でも美容効果が高い商品を探している

 

  • 捨てやすく、ごみがかさばらないコラーゲンドリンクを探している
  • 低価格で実感できるコラーゲンになかなか巡り合えない

 

パウダー(粉末)タイプ

<メリット>

  • 料理や飲み物に混ぜて使える
  • コラーゲンの量を調節できる
  • コスパが高い
<デメリット>

  • 1回1回混ぜるのが手間
  • 個包装でなければ持ち運びが不便

コラーゲンアイテムの中でもコスパの良さがひときわ目立つコラーゲンパウダー(粉末)。

最近はコラーゲンドリンク同様、美容成分が一緒に配合されているものが多いコラーゲンパウダーですが、やはり人によっては使うのが面倒、持ち運びが不便と感じてしまうこともあるみたいです。他のコラーゲンアイテムと違い、コラーゲンの摂取量を調節できるのも嬉しいポイントのひとつではないでしょうか。

【パウダー(粉末)タイプ】人気コラーゲンアイテム3選

商品名

ミルコラ

ニッピコラーゲン100

アミノコラーゲン

 

メーカー サントリー ニッピコラーゲン化粧品 明治
内容量 6.5g×30包 110g×3袋 90g
価格(税抜) 5,000円 5,400円 2,500円
コラーゲン含有量 高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンペプチド 低分子コラーゲン
1包5,000mg 専用スプーン1杯(5g)で約5,000mg 専用スプーン1杯(3g)で10,00mg
その他の美容成分 セラミド・プロテオグリカン・エラスチン・カゼインペプチド・ビタミンC なし ビタミンC・ミルクセラミド・アルギニン・グリシン・シスチン・グルコサミン
おすすめしたい人
  • 効率よくコラーゲンを摂りたい
  • 最近、乾燥を感じる方
  • 持ち運びが便利なコラーゲンを探している
  • 純粋にコラーゲンだけを摂取したい
  • 無味無臭なコラーゲンを探し中
  • 妊娠中や授乳中でコラーゲン商品を探し中の方(※)

 

  • とにかくリーズナブルなコラーゲン商品を探している
  • 毎日の食卓にコラーゲンを取り入れたい

※1日の摂取目安を守って頂ければ特に問題ありませんが、ご心配な方は医師や専門家にご相談ください。

タブレットタイプ

<メリット>

  • コラーゲン特有の味を感じない
  • 手軽に摂取できる
  • カロリーが低い
<デメリット>

  • 錠剤を飲みこむのが苦手な人には不向き
  • コラーゲン含有量が少ない

コラーゲン独特の味やニオイが苦手な方から大好評のコラーゲンタブレット。しかし、コラーゲンの含有量はやや少なめです。コラーゲンの減少が肌にあらわれてくる手前の20代後半~30代頃が使うのは適しているかもしれませんね。

【タブレットタイプ】人気コラーゲンアイテム3選

商品名

すっぽん小町

ザ・コラーゲン タブレット

コラーゲン

メーカー ていねい通販 資生堂 DHC
内容量 62粒(約1ヶ月分) 126粒(約3週間分) 180粒(約30日分)
価格 2,800円 3,000円 753円
コラーゲン含有量 記載なし 低分子フィッシュコラーゲン コラーゲンペプチド
1袋あたり約8308mg 6粒(1日の摂取量)あたり約1,000mg 6粒(1日の摂取量)あたり約2,050mg
その他の美容成分 すっぽん粉末・ビタミンE セラミド・ヒアルロン酸・GABA・オルニチン・ローヤルゼリー・コケモモ・アムラ果汁・ビタミンCなど ビタミンB1・ビタミンB2
おすすめしたい人
  • 肌に明るさが欲しい
  • 妊娠中の肌荒れに悩んでいる
  • 栄養素をバランス良く摂りたい
  • コラーゲンと一緒に美容成分もたっぷり摂りたい
  • 信頼性の高いメーカーの商品を使いたい

 

  • 早いうちからコラーゲンを摂取したい
  • カサカサしてハリがない

※1日の摂取目安を守って頂ければ特に問題ありませんが、ご心配な方は医師や専門家にご相談ください。

ゼリータイプ

<メリット>

  • おやつ感覚で食べられる
<デメリット>

  • メーカーによってコラーゲン含有量や味にバラツキがある

コラーゲンアイテムの中でも種類が少ないコラーゲンゼリー。おやつ感覚で食べられるところが魅力的ですが、成分や味にバラつきがあったり、カロリーが高かったりという理由であまり出回っていないようです。

【ゼリータイプ】人気コラーゲンアイテム3選

商品名

コラーゲンCゼリー

琉球すっぽんのコラーゲンゼリー

うるおい宣言

メーカー アースバイオケミカル しまのや 愛しとーと
内容量 10g 10g 10g
価格(税抜) 1箱(7本)550円 1箱(30本)2,980円 2839円
コラーゲン含有量 低分子コラーゲンペプチド 低分子マリンコラーゲン 低分子コラーゲンペプチド
1箱あたり17,500mg 記載なし 1箱あたり30,000mg
その他の美容成分 グルコサミン・コンドロイチン・プロテオグリカン・ビタミンC・マンゴスチンエキス・低分子ポリフェノール すっぽん粉末・ツバメの巣エキス クエン酸・パンテトン酸カルシウム
おすすめしたい人
  • 甘い食べ物が好き
  • 安くて食べやすいコラーゲンゼリーを探している
  • アミノ酸などの栄養素をバランス良く補いたい

 

  • 脂質ゼロのコラーゲンゼリーを探し中
  • デザート感覚でコラーゲンを摂取したい

以上、口コミ調査やランキングサイトをもとに、大人女性が“使ってよかった”と感じたコラーゲンアイテムをご紹介して参りましたが、気になる商品は見つかりましたか?

まだイマイチどの商品を選べばいいのかわからないとお悩み中の方は、次の項目でご紹介するコラーゲンアイテムの選び方を参考にしてみてくださいね。

コラーゲンアイテムの選び方

自分に合ったコラーゲンアイテムを見つけるためのポイントは、以下の4つ。

使いやすい形状で選ぶ

  • コラーゲンの質や含有量で選ぶ
  • コラーゲン以外の配合成分で選ぶ
  • 価格で選ぶ

形状で選ぶポイントに関しては、前項でご紹介した各タイプのメリット・デメリットを参考にしてくださいね。

では、残りのコラーゲン・その他の美容成分・価格に関してお話ししていきましょう。

コラーゲンの質や含有量で選ぶ

コラーゲンは、牛や豚から抽出された動物性のコラーゲンと、魚の骨やうろこから抽出された海洋性コラーゲン(マリンコラーゲンなどとも呼ばれます)の2種類に大きく分かれます。

現在はどちらのコラーゲンもペプチド化されているものが多いので、さほど吸収率に大差はありません。

ただ、食物アレルギーがある方は、コラーゲンが何由来なのかしっかり確認しておくことが大切です。

また、コラーゲンの摂取量はハッキリと決まっていませんが、一般的には1日5,000mgコラーゲンを摂取するのが理想的と言われています。

1回で5,000mg以上のコラーゲンを摂取してしまうか、こまめに摂取するかは自分のライフスタイルに合わせて決めましょう。

その他の美容成分で選ぶ

以前のコラーゲンアイテムといえば、シンプルにコラーゲンのみを配合している商品が多く販売されていましたが、最近ではコラーゲン以外の美容成分を配合しているものが徐々に増えてきました。

そこで注目したいのが、“どんな美容成分を配合しているのか” という点です。

以下、おすすめの美容成分をご紹介していますので、商品を選ぶ際はこちらも参考にしてみてくださいね。

成分 期待できるメリット
ビタミンC
  • コラーゲンを生成する仕上げ
  • 繊維芽細胞のコラーゲン生成量を増やす
プロテオグリカン
  • ヒアルロン酸以上の高い保水力でコラーゲンをサポートする
エラスチン
  • ゴムのような弾力でコラーゲンを結び、肌のハリや弾力をサポートする
セラミド
  • 体の内側に潤いを与えて、みずみずしさを取り戻す
オルニチン

 

  • 成長ホルモンの増加
  • 新陳代謝アップ
葉酸 造血作用

細胞の再生促進

GABA コラーゲンを産生する繊維芽細胞の増殖・活性化
リジン 必須アミノ酸の一種で、コラーゲンの生成を促進する
ローヤルゼリー 美容のサポート、更年期障害の緩和
ハス胚芽エキス 線維芽細胞のコラーゲン産生を高める
桜の花エキス 抗糖化作用、美肌効果
パンテトン酸 ビタミンCのコラーゲン合成をサポート
グルコサミン 細胞の炎症を抑える
乳酸菌粉末 コラーゲンの吸収をサポート

コラーゲンやヒアルロン酸の産生を手助け

他にもコラーゲンを手助けしてくれる美容成分はたくさんありますが、キリがないので今回は特に注目した美容成分のみを紹介しています。

各商品の紹介ページにも美容成分に関して記載していますので、気になる商品が見つかりましたらそちらも是非ご覧ください。

妊娠中・授乳中・薬を処方している人は美容成分に注意

一方で妊娠中や授乳中の方、また、病院で処方された薬を飲んでいる方は、商品によって副作用を起こす場合が稀にあるため、美容成分には注意しなくてはいけません。

商品のパッケージには、必ず注意項目が載っていますから、まずはそちらを確認してみてください。

注意欄に何も記載していない場合は使っても問題ないと思いますが、心配な方は医師や専門家に相談してみるといいでしょう。

価格で選ぶ

形状や成分も大事ですが、コラーゲンアイテムはやはり続けてこそ効果を実感できるもの。

同じ商品をずっと使い続けていけるように、無理のない価格で商品を選びましょう。

ただし、価格ばかりを優先していると、肌の変化の実感できるまでに時間がかかってしまうかも。程度な価格で良い商品を見つけられるといいですね!

コラーゲンサプリの使い方

お目当てのコラーゲンアイテムは見つかりましたか?

それでは最後に、これから使うであろうコラーゲンアイテムの使い方と注意点をお話ししたいと思います。

コラーゲンは毎日摂取することが大事

既にお話ししていますが、コラーゲンはとにかく毎日続けて摂取することが一番大事!

薬のように飲む時間は決まっていませんが、飲み忘れることがないように、習慣づけてコラーゲンを摂っていきましょう。

コラーゲンを摂っているからといって油断は禁物

いくら質の高いコラーゲアイテムを使っていても、毎日日焼け止めを使わずにガンガン日差しを浴びたり、乾燥したカサカサ肌を放置したりするのはNG!

体内のコラーゲンは日常のちょっとしたことでも減少・変性してしまいます。

年齢を重ねている方は特に注意が必要ですよ!

以下のチェック項目でライフスタイルを確認してみましょう。

【コラーゲン対策度チェック】

  • あまり紫外線対策をしていない
  • 過度なダイエットをしている
  • 偏食が多い
  • 肌が乾燥している
  • ストレスや悩みごとがある
  • 睡眠不足が続いている
  • たばこを吸っている

当てはまる項目が多い方は、生活習慣をキチンと見直し、コラーゲンの減少スピードを加速させないように気を付けましょう。

まとめ

今回の内容をもう一度簡単におさらいしてみましょう。

コラーゲンについて

  • 肌のハリや弾力を保ったり、しなやかな骨や関節をつくったりしている
  • 加齢や紫外線、乾燥などで年々コラーゲンは減少する
  • コラーゲンの減少を食い止めるためには、体の外からコラーゲンを補うことが必要
  • 食べ物よりもコラーゲン配合の健康食品の方が、効率よくコラーゲンを摂取できる

美容と健康のためにコラーゲンの摂取は欠かせませんね。でも、数あるコラーゲンアイテムの中から、一体どれを選べばいいのでしょうか?

コラーゲンアイテムを選ぶ上でのポイント

  • 自分のライフスタイルに合った形状で選ぶ
  • コラーゲンの質や含有量を確認する
  • 美容成分をチェック(妊婦さんや薬を服用している方は特に)
  • 続けやすい価格かどうか

今回ご紹介したコラーゲンアイテムも、これらのポイントを基準にすると選びやすくなると思います。あなたに合ったコラーゲンアイテムを見つけて、早速エイジングケアをはじめていきましょう♪